FC2ブログ

ジーンズ・デニム リペア専門店 Resuly blog

リスリーの日々の出来事などを公開。


旧ドゥニーム66とリゾルト710の検証

旧Denime(ドゥニーム)の代表作品である、66モデルとXXモデル。
このモデル達は、Denime設立1988年から作られており、当時開発した時より
ほとんど、ディテール変更がされていない。

昨今、同じ物を探しても買えない時代、生産国が変わったり、シルエット、生地が変わったりと
ほとんどのメーカーがディテール変更している。

当時、林さんいわく、最初に作ったもん、ずっと作り続けなあかん!
66とXXは、Denimeの色や変にいろたらあかん!
他メーカーと逆の発想である。

20年以上もジーパンを作り続け、現在リゾルトデザイナーとして活躍中でございますが
旧ドゥニーム66とリゾルト710どこが違うのか、検証してみました。



旧ドゥニーム66
ボタンホールのかがりが浅い為、すぐ解れていた。
1_convert_20120415182310.jpg


リゾルト710
ボタンホールのかがりが深くなりピッチも細かい。
1年穿いたがダメージなし!
2_convert_20120415182409.jpg


旧ドゥニーム66
ボタンの裏、カリッとしている。
ヴィンテージ等は、こちらになるがボタンホールを痛めやすい。
3_convert_20120415182511.jpg


リゾルト710
ボタンの裏、ツルとしている。
これにより、ボタンホールを痛めにくい。
4_convert_20120415183010.jpg


旧ドゥニーム66
リベットに注目!
5_convert_20120415183102.jpg


リゾルト710
リゾルトの方が、シュとしている。
コインポケットも大きく使い易い。
6_convert_20120415183155.jpg


因みにヴィンテージLevisのリベット、リゾルトと大分ちかい。
7_convert_20120415183457.jpg


旧ドゥニーム66
スレーキ
8_convert_20120415183553.jpg


リゾルト710
スレーキ、力織機で織られたオレンジミミを仕様!
9_convert_20120415183646.jpg


旧ドゥニーム66
バックポケット上に注目!
10_convert_20120415183742.jpg


リゾルト710
バックポケット上2mm程、山高になっている。
モチーフにした、ヴィンテージが実際こうなっていた様で、アメリカ縫製の適当さが出ているが
この目の付け所は、さすがです。
11_convert_20120415183842.jpg


リゾルト710着用!穿いてから1年経ちます。
12_convert_20120415183931.jpg


どうでも、いいウンチクに付き合ってくださいまして有難うございます。
たかがジーパンなのでカッコよかったら、ええんですが
リゾルトは、生地感、付属パーツなど様々な点で進化してます。

テーパードの効いたシルエットもええですね!
これから、夏に向けてのくるぶし丈にピッタリです。

これから先も、リゾルトを穿いて行きたいと思いますが
恐らく、ディテールの変更は無いでしょう。
穿きつぶして、修理して、また気に入った同じもん買えたらええんちゃいまっか。


http://www.resuly.com
スポンサーサイト

Comments


« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

リスリー 松田

Author:リスリー 松田
Resuly(リスリー)
〒550-0013
大阪府西区新町1-2-5 KSB新町ビル4F 
TEL 06-6534-6776
URL http://www.resuly.com

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login